出演アーティスト一覧

001:pLumsonic! (プラムソニック)
2039年からやってきたアンドロイド結羽(太鼓の達人「星屑とリニアと僕」「まおぅ」/アイルーの爆弾宣言!!!/アイルーえかきうた/香川県ゆるキャラうどん脳テーマソング etc)と3歳からのシンセ使いYasushi.K(KORG製品プリセット音色、らきすた、涼宮ハルヒの憂鬱のキャラソン etc)による未来・宇宙をテーマとしたテクノポップ・ユニット。2003年テクノポップ氷河期から独自の音楽性を貫き活動中!6thアルバム発売中。
オフィシャルサイト / Twitter / Youtube
002:ぽらぽら。
『ふわふわ+ピコピコ』サウンドをコンセプトとしたセルフ・プロデュース・プロジェクト「ぽらぽら。」。自身で作曲、作詞、アレンジ、デザインとマルチにこなすSingerSongWriter。 イタリアのショートフィルムに楽曲が採用された他、iPhoneゲームアプリ「GROOVE CATCH」に楽曲提供するなど精力的に活動を行っている。 この他、パンダのテクノポップ・ユニット『POSIMO』でもパンダ担当として活動中。カオシレーターなどの電子楽器の使い方をわかりやすいイラスト入りで説明した『パンダでもわかる○○』シリーズの連載や、パンダの4コマ漫画『ぽらこ劇場』などを描く「ポジモのブログ」も好評を得ている。
オフィシャルサイト / Twitter / Youtube
003:BITLOOP
hilo01 / Cri8 / maru69から構成される世界に向けて日本の新しい音楽のカタチを発信するクリエイティブユニット。日本の代表的文化でもあるポップカルチャーを世界に広めるため、各分野で活躍する様々なアーティスト達とのコラボレーションを展開するクリエイティブプロジェクトの総称でもある。3人が創り出す楽曲は世界各国の様々なジャンルを取り入れた新感覚ミクスチャーサウンドであり、「全世界に共通の新しい音楽カテゴリーを作る」という目標のもと創作されている。バンドのキャラクター・アートワークは月刊少年ライバルで「スプレーキング」を連載していた、漫画家の「三國シン」が担当している。
オフィシャルサイト / Twitter / Youtube
004:アシッド田宮三四郎
10作目にして初のプレスCD『ACID ACID』も好評な、Die(TB303等)とJaemulk Manhattan(TR909等)による完全実機MIDI&DIN SYNCなアシッドテクノユニット。サポートにテクノアーティスト邂逅の日と、アフロMCのMOCTAR(モクタール)を加え「PCライブ全盛の世に活を 入れる!」と息巻く。実機でのライブ感溢れるセッションならではの一期一会一踊をお楽しみあれ。
Twitter
005:ドリルパープル
ドリルパープル(Drill Purple:)2008年12月結成★ボーカル:ヨツイミワ、シンセサイザー:おかやん。による、二人組デジタルJ-POPユニット☆いわゆるアイドルイベントや、アコースティックイベント等、どこへでもお邪魔して、ピコピコしたりしっとりしたり、日々のんきに愉快に活動中♪会場内全員と全力で遊ぶ!という感覚で、ひたすらハッピーに歌い奏でています☆
オフィシャルサイト / Twitter / Youtube
006:Yebisu303(Acid Alliance)
アシッドハウス、デトロイトテクノに強い感銘を受け、20台後半よりトラック制作を開始。 オーストラリアのElektrax Musicより数曲のRemixをリリースする他、 2015年12月にはTokyo Electro Beat Parkより”Tetra Vaal EP”をリリースし、 Dave ClarkeのPodcast “White Noise”にてプレイされる等、国内外からの好評を得る。 無類のハードウェア機材愛好家でもあり、日々マシンライブを行う傍らで演奏動画をYoutubeへ投稿する等の活動も行っている。
SoundCloud / Twitter / Youtube
007:Karch
ドラムマシンとベースシンセ、エフェクトを駆使し、メタルとパンクで培った気骨をテクノで体現。 全てのシーケンスを即興で組み立てるインプロヴァイス・スタイルで、スクラップ&ビルドによるドープな空間を演出する。 川崎発、ACID TECHNO!!
Twitter
008:marble≠marble
2014年10月ライブデビュー。エレクトロユニットの形態をとりながらもエレクトロのフォーマットにとどまらない複雑な楽曲、人間の内面に迫る歌詞、サイケデリックなデザインの共存が異彩を放つ。そして作詞・作曲・アレンジ・ミックス・マスタリング・アートワークまで、全てをメンバーだけで行うクリエイター集団でもある。激しいライブパフォーマンスと上質なサウンドを武器に、 バンド・エレクトロ・アイドルのジャンルを横断する全方位型ユニット!
オフィシャルサイト / Twitter / Youtube
009:きゅるきゅるすたあ
舞生ユナ、ゆめほしりりか、ゆめじまあやのからなるエレクトロアイドルユニット。
オフィシャルサイト / Twitter
010:ノボ
ノボ(フジタニシンヤ)によるソロプロジェクト。2017年よりエレクトロ音楽を中心とした音楽イベント「デンぐる!」を立ち上げ、定期開催中。
オフィシャルサイト / Twitter / Youtube
011:stomach patrol
stomach patrol.とは、ハラユカ。のソロ音楽活動名。作詞・作曲・自作の映像に自らも溶け込みながら、シュール、メランコリック、ロマンティックを融合した楽曲を展開。どこか哀愁の漂う歌声が特徴。ハラユカ。名義で作家活動(作詞)も行っている。渡部優衣「夢のキセキ」「Brightest story」「FUN FUN LOVE」「スキがあふれて止まらない!」、イヤホンズ「私でキマリ☆」、アイドルマスター ミリオンライブ!「想いはCarnaval」など。2017年1月〜6月放送のテレビ朝日系列連続ドラマ「豆腐プロレス」WIPのテーマでは、歌や声を担当。
オフィシャルサイト / Twitter / Youtube
012:その名はスペィド
キラキラでマジカルな、もしくはダークでフェティッシュな、KAWAII / BEAUTY な「俗悪な美の提示 / 魔法と電気のお人形」で、Maximal Electro Pop include Kirakira Kawaii & Darkness Terrors っていう音楽ジャンルで、一度聞いたら耳から離れなくなる曲たちで聞く人を呪うらしいよこわいね。メンバーは、800万の神様が気まぐれに作った666体目の歌うお人形の「ATG /ありす/ありすとじぜる」と、二次元から迷い込んできたロボ「LOTTA / ろった」と、別の世界線から逃げ込んできた九尾狐の「CHILDA / ちるだ」という二人の踊り子、あとなんか世界を設計してるとか言ってるドクロ仮面の「SLF!! / えすえるえふ」の人外4体でやってて、音楽とダンスとビジュアルを中心とした活動フィールド無限大の限定解除マジカルガール・パフォーマンスユニットなん だってへんなの。いろんなジャンルのいろんなイベントにひっぱりだこなほかに、アニメの主題歌になったり、メイドになってにせメイド喫茶イベントをやったり、 iPhoneアプリのゲームになったり、マンガキャラクターになってスペィド同人誌を作ってもらったり、コスプレしたり、ロリータファッションの モデルになったり、あと海外での活動もしたりして、なんかいろいろやっているみたいだよ。
オフィシャルサイト / Twitter / Youtube
013:FQTQ
ポップでキャッチーでファンキーな思わず体が反応してしまう独特のグルーヴは聴いた者を虜にするピコピコマジック。2001年よりソロ・アーティストFQTQ名義での活動を開始。TechnoやHouse、Electroといったクラブミュージックをベースに構築されたファンキーなトラックと、アナログシンセを駆使したライブパフォーマンスで注目を集める。 これまでにフルアルバム4枚をリリース。ジャケットイラストを漫画家の押切蓮介、清野とおる、小田扉などが担当し、サブカルチャー方面で反響を呼ぶ。
オフィシャルサイト / Twitter
014:加納エミリ
”ネオ・シンセポップ・アイドル”として2018年4月から活動開始。完全セルフプロデュースで活動を行っている。​ソングライターとして作詞作曲・編曲を全て自身で行っている。​趣味は競馬、映画鑑賞。
Twitter / Youtube
015:スーパークリーム
2016年夏、深夜の新宿ゴールデン街にて結成。エレクトロ・テクノを中心に、ジャズやシンセポップ、変拍子を取り入れた、「歌舞伎町、深夜3時、脳が脱ぎたくなる音楽」をコンセプトとする独自のダンスミュージックを奏でている。都内のクラブ・DJバーを中心に活動し数々の往年のテクノミュージシャンからアイドル、SSWとも共演、ディスコハウスミュージシャンであるFQTQやHMBGのアルバムへリミックスも提供している。2017年4月1stCD-R「Do You Know What i My Peng Sister’s Habitus?」をRomantic Technology Recordsよりリリース。
Twitter / SoundCloud
016:ユレカ
独自の透明感あるハイトーンガーリーボイスで歌うソロアーティスト。作詞や作曲にもたずさわる。 TV番組出演、photo modelの他、CMのバックコーラス、細田守監督映画バケモノの子に楽曲提供(Mayday)、アプリゲームに楽曲提供をするなど、様々な活動を行っている。2018年ソロプロジェクトRuby*の名義を変え、ユレカとして活動開始。
オフィシャルサイト / Twitter / Youtube
017:moon grin
東京都出身。 2017年2月から都内を中心にライブ活動を開始。 作詞・作曲・編曲・歌・サンプラーを MOERI が行う。 ベース・MV等の動画制作を RINA が行う。 EDMやヒップホップをルーツとした “オトナ kawaii music” を世界に発信。 「月がにっこり笑う」でmoon grin 。 2017年11月に初シングル「Milky Way」フォトブック付きCDを物販にて販売開始。 YouTubeでは、定期的にさまざまなテーマで動画配信をしています。
オフィシャルサイト / Twitter / Youtube
VJ – LOOPCUBE
LOOPCUBE(ループキューブ)は、DJ、VJ、写真家、楽曲製作、レコーディングエンジニアなど様々な分野で活躍するクリエイターが集う総合的なユニットです。会社やバンドといった拘束力を持たない「ユニット」形式で映像・音楽などを営利・非営利ともに自分たちが「面白い」と思うものに参加・制作しています。ゲーム等、エンターテインメント業界からのオファーも多く、イベントのテーマソングや、プレイステーション2用ゲーム「はるのあしおと-Step of Spring-」のテーマソング、「月は東に日は西に」全楽曲製作、テレビアニメ「びんちょうタン」エンディングテーマ、経済産業省プロジェクトインキュベーション型制作支援対象作品となった「片神名カタカムナ」の主題歌、BGM、などの音楽制作の実績があります。
オフィシャルサイト / Twitter
MC – たすき
縫い物大好き☆コスプレイヤー 好きなものを ちくちく☆ オリジナル衣装製作もするよ☆小物作り☆ 大好きな作品を布教するする☆
Twitter